「夏の 不調」~不眠、頭痛、肩凝り、めまい...その不調、高温多湿が原因です~

query_builder 2022/07/05
季節の不調

今年の梅雨は例年に比べると40日以上も早く明けました。

いきなりの暑さに身体が追い付かない方も多いのではないでしょうか。

   

今年は梅雨入り前から気圧の変化が激しく、日中の温度差が二日の間で10度もある日も珍しくありませんでしたね。その為に自律神経が乱れてしまって「ここが痛い」というよりも「とにかく不調」をうったえる方が本当に多かったです。

つまり、梅雨入り前の段階で多くの方に体調不良が起きていました。

そして、あっという間に梅雨が終わり、いきなりの梅雨明け。


社会でたくさんの役割を担っている私たちは、1年を通して、どんな気候だろうともその変化に身体を慣らせるゆとりもなく、動き続けなければなりません。


そんな私たちが今直面しているのが、「夏の不調」です。

日本の高温多湿は、自律神経のバランスを大きく乱してしまいます。


そのだるさは、時間に関係なく「副交感神経が優位になってしまった」からで、疲れているのに夜寝付けないのはこれも時間に関係なく「交感神経が優位になってしまった」から。


他にも交感神経と副交感神経のバランスが乱れると「身体が重い」「だるい」「頭痛や頭重感」「めまい」「立ちくらみ」「冷え」「不安」「緊張感」などの症状が現れます。


また、湿度が高いと体内の水分の排泄がしづらくなるため「食欲不振」「だるさ」「むくみ」「下痢」「頭痛」「不安」「めまい」「寝付けない」などの症状が起こります。


これらの症状は、身体が「まだ高温多湿に慣れていないので、しんどいです!」とサインを送っているのだと私は思っています。


これらの症状を理解せず放っておくと...次に起きるのは本格的な夏バテです。ここまでくると、いつまでも「不調」が続いて回復まで時間がかかってしまいます(不調が年内続く方もいらっしゃいます)。


「なんだか調子が悪いな」「やる気が起きないな」「しんどいな」と思えたら、身体が気候に慣れるまでいつものペースを落としましょう。


頑張りすぎず、無理をせず、抱え込まず、毎日に余裕をもって。


「今の時期は、身体が慣れるまで、力八分ですよ」

「今日一日乗り越えたら、それで100点!」


.....皆様によくお伝えしている言葉です。



*もしも、充分に休息をとっているにも関わらず、これらの症状が改善されない場合は、一度医療機関へご相談ください。






----------------------------------------------------------------------

整体 水の音

住所:東京都日野市新町3-31-55

電話番号:090-3402-6317

----------------------------------------------------------------------

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG